【アビスリウムポール 】獲得条件を徹底解説!–part1–

アビスリウムポール
スポンサーリンク

こんちは!コーディです!

今回は生物を取得するにあたって必ず達成しないといけないもの…そう獲得条件について徹底解説していきます!

写真を交えてできるだけ分かりやすく紹介していきたいと思ってるので最後までお付き合い下さい!

それではいきましょう!

スポンサーリンク

はじめに. 獲得条件を達成したという判断基準は?

まず初めに気になるのはお題のとおり、獲得条件を達成したかどうかの判断基準です。

簡単な条件は頭の中で記憶しておけばいいですが、条件によってカウントが難しい条件も少なくありません。

そういう時に簡単に条件を達成できたか見極めることができる場所があります。

そう…それは「コレクション」です!!

コレクションから取得したい生物のアイコンを押下するとその生物の獲得条件を確認することができますがその条件が記載されている横にチェックマークがあります。

そのチェックマークが黄色なら達成済、透明なら未達成となります。

参考にそれぞれの写真を貼っておきます!

条件未達成時

条件達成時

とっても分かりやすいですね!獲得条件の見極めについてはここまでにして早速条件の説明をしていきます!

それではいきましょう!

生物必要系の条件

この○○必要と記載された獲得条件はそのままの意味で必要と書かれた前の物を取得している必要があります

また、この条件にもいくつかバリエーションがあるので紹介していきます。

(サンゴ名)必要

この条件はとても分かりやすいですね!この必要の前に記載されているサンゴを取得しておけば、獲得条件達成となります。

サンゴ名もサンゴのメニューに記載されている名前とまったく同じとなるので特に心配無用です!

生物○匹必要

この条件は生物の種類は問わず○の部分に当てはまる数、生物を創造していれば達成となります。

その為、何も考えずに生物を創造しているだけで楽々達成できる条件になっています。

レベル必要系の条件

この条件の種類は基本的に指定された物のレベルを上げるだけなので楽に達成できます。

ただ、1つ注意点があるので気をつけて下さい。詳細は下記へ記載していきます!

レベル○○ (サンゴ名)

この条件は記載されている通り、サンゴのレベルを指定されたレベル上げるだけで達成となります。

その為、生命力をコツコツ使用してレベル上げていると勝手に達成できます。

氷山○○レベル必要

この条件も記載通り、氷山のレベルを上げるだけで達成となります。

ただ、氷山のレベル上げはサンゴに比べて生命力の消費が激しいので達成速度は遅く感じると思います。気長にやっていきましょう。

レベル○ (スキル名)

この条件はレベル上げ条件内で唯一達成が大変な条件となります。

なぜならスキルのレベル上げには真珠が必要だからです。

現状はレベル5まで上げておけば、全隠し生物を取得できるようになっているのでとりあえず全スキルをレベル5まで上げることを目標に取り組んでいきましょう!

○種保有系の条件

この条件は決められた分類の生物を○に記載された数、種類を集めなければいけません

その為、この条件を達成するには同じ生物を何匹も創造するのではなく、異なる生物を何種類も創造する必要があります。

この条件にもいくつか種類があるので紹介していきます。

(大分類)○種保有

この条件は○種保有の条件の中でも比較的簡単に達成できる条件となります。

指定された大分類に属する生物がわからない場合は、コレクションからフィルターを利用して確認して下さい。

(小分類)○種保有

この条件は大分類の時と比べて範囲が狭くなる為、達成難易度が高くなりそうに見えますが、

その分求められる数は少なく設定されているので、そこまで難しくありません。

小分類はコレクションから各生物のアイコンをタップすると表示される生物の詳細画面に記載されています。

参考までに写真も貼っておきます。赤く囲まれた部分が小分類となります。

参考画像

(移動タイプ)○種保有

この条件を達成するコツは大分類の時と同様にコレクションのフィルターを活用するということです。

フィルターの場所はコレクションを開くと画面上部に配置されている緑色の横長のボタンです。

そのボタンをタップすることでフィルタリングできるのでぜひ使ってみて下さい!

○匹保有系の条件

この条件は単純に指定された分類や名前の生物を指定された数、創造することで達成できる条件となっております。

実質「○○必要」の条件とさほど変わりませんが、こっちの条件の方がより詳細に区分化されているイメージがあります。

ただ、この条件を達成する時は闇雲に創造するのではなく、他の条件を達成することを見据えて必要な生物を創造しておくと効率的です。

それではこの条件の種類を紹介していきます。

(大分類)○匹保有

この条件は○種保有と同じようにコレクションのフィルターをうまく活用すると比較的簡単に達成できます。

(小分類)○匹保有

この条件にも特筆して注意するようなことはありません。

小分類の確認方法は上記「(小分類)○種保有」を参照して下さい!

(移動タイプ)○匹保有

この条件についても上記でも記載した通り、コレクションのフィルターを使用することで簡単に移動タイプを確認することができます。

思い込みではなく確実に確認することを徹底しましょう!

(生物名)○匹保有

この条件は見ての通り、指定された生物を指定数創造するだけで条件達成となります。

ただ、場合によっては必要数が多い時もあるので気長に創造して達成を狙って下さい!

最後に

今回は条件解説編 part1として条件解説をしてみました!

次回はpart2としてより難しい条件の解説をしていこうと思うのでお楽しみに!

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました