漫画のススメ!「リィンカーネーションの花弁」を読もう!

マンガ
スポンサーリンク

こんちは!コーディと申します!みなさんそろそろ今年も終わりますがいかがお過ごしですか?僕は炬燵に篭りながらみかんを食べてる毎日です笑

さて、そんな中で今回は僕がガンはまりしている漫画「リィンカーネーションの花弁」について話していきたいと思います。

MAGOCOMIより引用

この漫画は現在WEBコミックサイトMAGOCOMIにて毎月5日に更新されている月刊漫画で2019年1月には累計100万部を突破したアクションファンタジー漫画となっており、作者は小西幹久さん(@k_mikihisa)です。それでは早速この漫画の魅力に迫っていきましょう!

あらすじ

優秀な兄に追いつく為、才能に渇望する高校生の扇寺 東耶(せんじ とうや)はとあるきっかけで前世から才能を掘り起こす刃”輪廻の枝”を手にする。その刃で才能を得る方法は自分の体を刃で切り裂くのみ。そんなリスクがありながらも、才能を得る為に東耶は刃を手にする…

あらすじとしてはこんな感じです。主人公の東耶君は寝る間も惜しんでまで自分の才能を探し続けていて物語序盤には狂気を感じるほどです。彼がなぜそんなに才能を欲するのか、またそこまでして才能を手に入れて成し遂げたいこととは何なのか、それは物語の中で明かされていくでしょう。

次にこの漫画のみどころを紹介していきます!

みどころ① 個性豊かなキャラクターのデザイン

この作品では主人公の他に様々な偉人や罪人の才能を持ったキャラクターが数多く登場します。そんなキャラクター達を一目見てまず僕が思ったのは「えっ…ほんとに人間???」でした(笑)

理由は漫画を見てもらえると分かりますが、簡単に言うと頭が林檎だったり透明人間だったりといったビジュアルが濃いキャラばかり出てきます。ただ、でたらめなビジュアルではなく各キャラも全て自分の持っている才能の偉人や罪人に沿ったデザインになっていて見ていてとても楽しいです。

その為、キャラのデザインを見てどんな偉人、罪人の才能を持っているのか予想しながら漫画を見ても面白そうですね!

みどころ② 才能として登場する偉人や罪人

この漫画で才能として登場する偉人や罪人は架空の人物ではなく、実際に存在した人物が用いられており、学生時代に勉強の中で出てきた偉人が出てくることもあれば、初めて見るような罪人、偉人が登場してきます。

その為、漫画を見ながら偉人や罪人について勉強することができます。実際に僕もこの漫画を通して知ることができた偉人や罪人も多くいるので、この漫画をきっかけに博識を目指してみるのいいかもしれませんね!

みどころ③ ド派手なバトル

この漫画で忘れてはいけないのはとても迫力のあるバトルシーンです。とても有名な偉人の才能をもつキャラ同士が才能をフル活用して闘うシーンはほんとに胸熱です!

また、キャラそれぞれに才能に因んだ技が多く出てきてその名前も最高にかっこいいものばかりです!自分もそう言うのが大好きなので、つい口ずさんでしまいたくなるほどです(笑)

みなさんも是非大迫力のバトルを漫画で体験してください。

ここまで見ていただいて少しでも魅力が伝わったでしょうか?この記事をきっかけで少しでもこの漫画に魅力や興味を持っていただけたら幸いです。この漫画は現在、マンガBANG!ピッコマでも見ることができるので是非一度見てみてください!それでは!

マンガ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
cody0224をフォローする
スポンサーリンク
コディブロ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました